作理家

アプリを作る人の意

作理とアプリの語呂が似ているから、アプリのことを「理」として表してみました。

文字通りことわりを、小さなことわりから、大きなことわりまで、アプリで再現しています。

ということで、アプリは「理」と表して、アプリを作ることを「作理」、アプリを作る人を「作理家」と書いてみる。